セフレと言う言葉の意味は?日本だけのもの?

良くセフレと言う言葉を見かけたり耳にする事があります。
セフレとはどういう意味を持っているのか具体的にはどんな関係性なのか、ご存知でしょうか?
セフレについて調べてみました。
■セフレは実は略語
セフレと言うのは実はセックスフレンドの略語で、セックスを楽しむ事を目的としている彼氏と彼女の事を指します。
別な言い方をすれば割り切ってセックスだけに特化した交際をしていると言えます。
これは俗語でいつのころからか出来た略語です。
■もっと詳しく解説
セフレと言うのは、セックスを行う間柄だけれども、恋人と言う感覚では無くて、友達感覚もしくは恋人未満友達以上のような関係の事を言います。
セフレとはそういった関係の異性に対して使い、お互いに深入りをしない距離感を保っている事が多いものです。
■恋人ではない?
セフレは恋人ではありません。
先にも少し触れましたが、セックスが2人を繋いでいると言っても良い関係なので、セックスの相性がとても良いとか、お互いのエッチの趣味嗜好がマッチングすると言う事からセフレとして付き合う事が多いと言えます。
一見すれば、セフレも男女の関係ですから、恋人に見える物ですが、恋人のように恋愛感情を抱く事はありませんし、一方が恋愛感情を抱いていても、もう一方は恋愛感情がないと言う事も十分に考えられます。
そういったアンバランスな関係も含めて、お互いの了解があれば成立するのがセフレです。
■セフレは男女の関係だけに使われる?
セフレは男女の関係だけに使われる事が多く、いわゆるゲイやレズの場合ですとセクフレなどと言うように言い方が変化します。
英語ではファックバディなどと言われる事もありますから、日本の男女の割り切った関係だけにセフレと言う言葉が適用になると考えると、少し面白い感じがします。
セフレは日本だけの文化ではなくて海外でも同性の間でも存在すると言うもので、お互いの了解があれば成立すると言う関係性です。

関連記事

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。